機能

ろ過

混合物として気体や液体に固体が混ざっているものを、分離したい固体の大きさよりもより小さな孔が開いているろ材を通すことで、その径よりも大きな固体の粒子を気体や液体から分離することです。目的としているものが、残った固体側の場合も、ろ材を通り抜けた液体や気体のことも、あるいは、その両方となるケースもあります。

通気

通気とは、内側に外側の空気を通わせること、あるいは、特定の場所に新鮮な空気を送り込むことを意味します。尚、換気とは、空気が入れ替わること、または、入れ替えることです。

軽量化

必要な強度やその他の性能を保持しながら、材質変更、孔あけや切削による薄肉化により質量を軽くすることです。

意匠

工業製品や美術品など形、色、模様などさまざまに創意・工夫することや、その結果でできあがったデザインのことです。

採光

建築物の屋内の環境を調整するために、外部から自然光を取り入れることです。