ろ過

混合物として気体や液体に固体が混ざっているものを、分離したい固体の大きさよりもより小さな孔が開いているろ材を通すことで、その径よりも大きな固体の粒子を気体や液体から分離することです。目的としているものが、残った固体側の場合も、ろ材を通り抜けた液体や気体のことも、あるいは、その両方となるケースもあります。