種類からえらぶ

デザインエンボス

金型を用いて加工することで材料表面に凹凸をつけ、立体的な表現を可能にしたものです。
裏面には表面と逆向きのデザインで凹凸がついています。
丸、四角や六角形などの基本図形の配置は、基本図形どうしが重ならないかぎり、基本的に自由に変更が可能です。

デザインエンボスのパターン
・角千鳥:正方形の突起が一つおきに配置された形状です。
・亀甲:亀の甲羅のように正六角形が並んだ形状です。
・丸:コインの様に盛り上がった形状です。
・半球:ボールの半分だけが盛り上がったような形状です。
上記以外にも金型製作により、オリジナル型の対応も可能です。
詳しくはお問い合わせください。

内装や外装に用いた場合、壁面などがしっかりと立体的にみえるため、意匠性の高い製品となります。
材料はアルミニウムアルミ樹脂複合板での加工が一般的です。

デザインエンボス加工例