会社情報

社内活動紹介

アイデア玉手箱

従業員が自主的に手を挙げて新規取り組みや改善項目などについて発案し、テーマ起案から計画・実行までを総合的に進めることができるユニークな活動です。

従業員全員が閲覧可能な社内ネットワーク上にあるブログスタイルのフォームに入力した時点で「社長承認済み」の登録となり、即検討開始が許可されるシステムです。

具体的には、

ステップ1 :課題をみつけ、理想の姿を考える

ステップ2 :部署の内外に関わらず社内の仲間をみつけてテーマとして提案(登録)する

ステップ3 :周りの意見も集めつつ、解決方法を考える

ステップ4 :ラインに提案して許可を得ながら実行に持っていく

ステップ5 :継続的・着実に活動し、ゴールまでたどり着く

という流れで進めます。

状況進捗の書き込みや月次レポートなどの報告により、従業員同士の相互アドバイスを受け、あるいは、上司からのコメントを得たりすることができます。

業務のプロセス改善や部門の枠を超えるグループ活動を通じてノウハウ・情報共有も可能となり、社内コミュニケーションの活性化にも役立っています。

 

新商品開発プロジェクト

社内における企画能力アップのための取り組みの一環として、従業員が自ら応募して起案・推進して新商品を立ち上げる活動を支援するプロジェクトです。このプロジェクトに参加することで、商品を企画するときに必要なことや具体的な計画の起案などを経験することが可能です。プロジェクトの進め方は複数のフェーズに分かれており、

・企画を考える段階

・事業計画を立てる段階

・試作品を作成してさらに深く検討する段階

などがあり、フェーズごとに異なった検討内容を学びます。

本プロジェクトの成果として2014年5月にフィッシング関連ブランド「World Angler’s Order」も誕生し、当社初のコンシューマ向け分野への参入事例となりました。(本商品の紹介ページ http://punching-shop.com/user_data/wao-01_special.php

工場革新のための実践的プログラム

生産拠点で外部環境からの影響に即対応できる強靭な体質を創りあげていくことを目的として「工場革新のための実践的プログラム」を導入し組織革新をおこなっています。

メンバーは革新9項目の推進者として「現状を激変させるためにはなにをすればよいか」を真剣に考え、失敗を恐れることなく周囲を巻き込む行動力を身につけながら高度な目標への挑戦を続けています。プログラムの実践を通して自他部署の枠を超えて切磋琢磨しながらスキルを磨いています。
考え方としては、以下を基本としています。

【全員で真剣に考える】

・行動できる人財へ自己改革

・今までの自分を激変させよう

また、本プログラムを実践して、従業員に体得してもらいたいスキルは以下の通りです。

*行動目標は現状否定に置こう(不可能と思えることへの挑戦)

*周囲を巻き込む行動力を身につけよう(同僚・上司と共に)

*失敗を恐れるものに成長はないと考えよう(失敗から学ぶ)

 

社内コミュニケーション環境の効率化

拠点間の効率的かつ正確な意思疎通の効率化をめざす施策として、当社4事業所に社内TV会議システムを導入し、活発なコミュニケーションの推進をサポートしています。

従来困難であった双方向、かつ、同時多人数の意思疎通と共通認識の醸成が可能となり、また、出張コストや移動時間削減などの効果が得られています。