2次加工をみる

アルマイト処理

カラーアルマイト

アルミニウム表面を酸化させる処理によりできる陽極酸化被膜のことです。表面に被膜を形成することで、耐食性と耐摩耗性を向上させます。 材料自体の表面硬度も向上し、キズもつきにくくなるので、建材向け製品や室内装飾品、内装に適しています。
一般的には、やかんや鍋などの家庭用品から自動車、航空機の内装品などに広く使用されています。

パンチングメタル、デザインパンチング、デザインエンボスの加工後にさまざまな色に着色できるカラーアルマイトもご用意しています。

硬質アルマイト

通常のアルマイトが10 μm程度の膜厚に対して膜厚が50 μm程度と厚く耐食性や耐摩耗性に優れています。膜厚が厚いので、航空機の部品など耐摩耗性の用途で長期間使用が求められるところに使用されています。また、電気絶縁性も通常のアルマイトより高くなります。
硬質アルマイトにもカラーアルマイトと同様、着色は可能です。