よりグリーンな生産形態をめざして:グリーンパンチング

リリース全文

弊社は、パンチングメタルの製造にかかわるグリーン度を上げるための指標として、新たに自社基準となる「グリーンパンチング指数」を設定いたしました。
これは、「製造拠点における電力使用量」に対する「太陽光発電設備での売電量」の比率を自社のグリーン度を表現するための指標として設定したもので、さらなる取り組みをめざすことといたしました。具体的には、岡山県新見市と群馬県太田市にある生産系の2事業所単独と両事業所合計値でのグリーンパンチング指数を算出し、その数値をモニタ・向上してゆく活動です。


グラフ1.グリーンパンチング指数(合計値)
グラフ2.グリーンパンチング指数(各事業所)


写真1.岡山事業所太陽光発電設備
写真2.岡山事業所全体


写真3.群馬事業所太陽光発電設備
写真4.群馬事業所全体


写真5.岡山事業所“羊社員”

※「グリーンパンチング」は商標登録済みです。

(追加情報)

●本リリースの内容につきまして以下のメディアに取り上げていただきました。
・鉄鋼新聞 2022年06月17日版 第3面(鉄鋼)

●本記事は共同通信PRワイヤーにも掲載されています。
https://kyodonewsprwire.jp/release/202206122432