誰でもわかるパンチングメタル

パンチングメタルとは

パンチング加工(孔あけ)が施された板状やシート状の金属材料です。

パンチング加工とは

パンチとダイと呼ばれる金型を使って板状やシート状の材料を打ち抜く加工方法のことです。パンチング加工は一般的にほかの加工方法に比べて加工時間が短く、安価で規則正しい配列で孔を開けることができます。 また、専用の金型を作れば色々な形状の孔を開けることも可能です。さらに、配列や孔の形状・大きさを工夫することでデザイン性を持たせることができ、装飾用パネルとしてもご使用いただけます。

パンチングメタルの例

孔の形で最も用いられているのは丸孔(まるあな)です。丸孔以外にも角孔(かくあな)や長孔(ながあな)、長丸孔(ながまるあな)などに対応できます。丸孔と十文字が交互に開いたパターンもあり、〇十(まるじゅう)と呼ばれます。

デザイン系パンチングの例

図は代表的なものです。デザインパンチングフリー・アート・パーフォレーションなどいろいろなバリエーションもございます。 ぜひお問い合わせください。

板状やシート状の代表的金属材料

材料としては、鋼板、メッキ鋼板、カラー鋼板、ステンレス鋼板、アルミ板、チタン板が一般的です。プラスチックフィルムで養生したものや、コイルでの供給も可能です。 (複合樹脂パネルや、樹脂材の一部にも加工の実績があります。その他特殊素材についてもご相談ください。)

パンチングメタルの2次加工や機能について

パンチングメタルに2次加工してさまざまな特性を付与することでより多くの用途に適用できます。また、パンチングメタルの持つ機能を最大限に引き出す設計とあわせれば、各素材の持つ可能性を無限に広げることが可能です。

パンチングメタルの2次加工

パンチングメタルに対して各種2次加工を施すことができます。例として、円筒や異型形状への切断、曲げ、表面処理、着色、さらには組み立てなどを挙げることができます。具体的な例については、こちらをご覧ください。

パンチングメタルの機能

パンチングメタルはそれ自体で、あるいは、各種材料と組み合わせることで、いろいろな機能を持つことができます。 例えば、物質の通過や遮蔽、遮音・吸音、装飾、強度、構造、伝導というキーワードであらわすことができる役割を果たします。具体的な内容についてはこちらをご覧ください。

これだけは知っておきたいパンチングメタル3つの基礎知識

1.パンチングメタルの各部の名称

孔径(あなけい)とは・・・

パンチング(打抜き)した孔の大きさをあらわしたものです。孔の形は、丸・四角・六角形などさまざまなものがあります。

ピッチとは・・・

孔と孔の中心間隔(mm)のことです。ピッチはPで表現します。P10は、10 mm 間隔を意味します。

フチとは・・・

パンチング(打抜き)範囲のまわりの余白の部分のことです。素材端面の孔が半欠け状のフチ無し仕様もあります。

2.孔の配列について

孔の配列では、千鳥(ちどり)と呼ばれる互い違いに孔が開いたものがよく用いられます。孔の位置関係により、60°千鳥(ろくじゅうどちどり)や45°千鳥(よんじゅうごどちどり)などと呼ばれます。このほかに、並列に並んだものがポピュラーです。下記以外の特殊な配列(変則ピッチ)にも対応いたしますのでご相談ください

3.孔の向き(ピッチ方向について)

同じ孔の配列であっても、60°千鳥や特殊な孔形状のものは90°配置の方向を変えることで見え方や雰囲気が変わります。ご指定がある場合や多数のパンチング材を並べて使用される場合などはご注意ください。

<豆知識>

一般的に“あな”を意味する場合、「穴」と「孔」が漢字として用いられています。各種辞書などによると、穴はくぼんだあな(底のあるあな)、孔は突き抜けたあなという原義の解説があるため、当社では基本的に「孔」を用いています。

松陽産業株式会社ショッピングサイト (https://punching-shop.com/

各種のパンチングメタルを当社直営のショッピングサイトで1枚からお買い求めいただけます。在庫品の種類や価格などの情報を一覧として表示いたしております。ぜひご覧ください