種類からえらぶ

アルミニウム系材料

材質

A1100

99.00%以上純アルミニウムで、軽く、耐食性や加工性に優れています。
アルマイト処理に適しており、建材、家庭用品・日用品、電気部品などに使われています。

A3003

A1100へMn(マンガン)を添加し、加工性・耐食性を低下させることがなく、強度を少し増加させた材料です。
建材、器物、容器などに使われています。

A5052

アルミニウム合金の中では中間の強度で耐食性、溶接性に優れ、一般材として広く使用されています。
加工性にも優れ、建材、家具、車両材料、船舶などに使われています。外観を問題にしなければ、防食処理を施す必要は少ない材料です。

カラーアルミ

A3003やA5052などが基材となり、彩色と保護のために塗装されたアルミニウムです。建材、看板などに使われています。

その他

A2017

ジュラルミンの名称で知られ、鋼材のような高い強度があります。強度があるため、切削加工に適しています。油圧部品、航空機部品などに使われています。

A5005

A1100より少し強度が高いアルミニウム合金です。耐食性、加工性、溶接性に優れており、車両用内装などに使われています。

A5083

非熱処理合金の中では一番の強度を有したアルミニウム合金です。耐食性、加工性に優れアルマイト処理に適しています。溶接構造用合金として知られ、船舶、自動車などに使われています。

上記以外にも、A1050、A1070、A2024、A6061などの材料があります。一部の材料はアルマイト処理することで、耐食性、耐摩耗性が向上し、同時に着色も可能です。塗装での着色も問題ありません。