種類からえらぶ

金網

線状の材料を織り込んで網状にした商品です。平織金網・クリンプ金網・溶接金網・亀甲網・菱形金網といった幅広い商品があります。
亀甲や菱形はエキスパンドメタルと見た目は同じようにみえますが、エキスパンドメタルは板材を金型で打ち抜いて加工するのに対し、金網は線を織り込んで加工するので、エキスパンドメタルより網目の細かい製品を作ることが可能です。

身近で代表的な用途例として、急須の茶こし、バーベキュー用の網を挙げることができます。亀甲や菱形のものは、防柵フェンスに使用されることが多く、日常のあらゆる場面で活用されています。
金網を円筒加工して形状を変えることで、キッチンシンクのストレーナーになり、箱状に曲げることでトレーやふるいになります。同じ素材から、いろいろな形に変化、応用させやすい商品です。

細かい網目はろ過に適しており、細かいほど不純物を除去することに力を発揮します。
大きめの網目は、通気性に優れ、熱がこもる場所や、風通しを良くしたい場所に適しています。