種類からえらぶ

エキスパンドメタル

エキスパンドメタルについて

エキスパンドメタル(ラスメタル・メタルラス)は、金属材料に千鳥状の切れ目を入れて引き伸ばす方法で菱形・亀甲型の網目状に加工した製品です。
材質はJIS規格(XG・XS)に規定されているだけでなくアルミニウムステンレスでの加工も可能です。
弊社では、製品仕様の選定から取り付け・施工方法や塗装、追加加工などのご提案を行うことで、お客さまのエキスパンドメタルの使用イメージを実現化するお手伝いをさせていただきます。

エキスパンドメタルの追加加工や塗装、表面処理について

エキスパンドメタルは追加加工や塗装、表面処理、樹脂コーティングなどを行うことで、耐食性や安全性、意匠性を高めることが可能です。
ここでは代表的なものをご紹介いたしますが、お客さまの課題に応じてその他のご提案も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

フラット加工

エキスパンドメタルは立体的な構造が特徴ではありますが、その特徴が欠点ともなります。
フラット加工は、エキスパンドメタルをフラットロールにかけ網目部分を平面にすることで、設置の際の省スペース化や、鋭い網目の切断部を潰すことによる安全性の向上などの効果があります。

メッキ加工

エキスパンドメタルに亜鉛等の金属の被膜をまとわせる加工で、耐食性を高めることができる、エキスパンドメタルの代表的な加工方法です。
溶融亜鉛メッキや電気メッキなどの加工方法があります。

塗装・アルマイト

焼付塗装(アクリル、メラミン、フッソ、ウレタン)や、静電粉体塗装などの各種塗装、材質がアルミの場合のアルマイトなど、エキスパンドメタルをご希望のカラーにすることが可能です。
耐食性を高めるとともに、内装・外装に使用する際の意匠性を高めることができます。

樹脂コーティング

エキスパンドメタルにポリエチレンなどの樹脂をコーティングすることで厚い被膜を形成します。
耐食性を高めるとともに、鋭い網目の切断部分を覆うことにより安全性を大きく高めることができます。

エキスパンドメタルの定尺品(規格品)の在庫について

松陽産業は、定尺品(規格品)も豊富にご用意しており、弊社ショッピングサイトでのご購入も可能です。
在庫のある商品につきましては、通常1~2営業日以内に発送が可能です。
また、切断加工でのご希望の寸法でのお届けも可能です。
エキスパンドメタル定尺品(規格品)の網目の寸法や在庫については、以下の各材質のページよりご確認いただけます。

鉄(JIS規格 XG・XS)

比較的安価でよく使用されるJIS規格の鉄製エキスパンドメタル

亜鉛メッキ

JIS規格のエキスパンドメタルに亜鉛メッキ加工を施した製品

ステンレス

耐食性が高く屋外使用に最適なステンレス製エキスパンドメタル

アルミ

軽量で加工性の高さが特徴のアルミ製エキスパンドメタル

エキスパンドメタルの内装・外装での使用について

エキスパンドメタルは、通気性・採光性や堅牢な造りといった機能性に加えて、金属の無機質な質感やデザイン性、立体的な構造のため、見る方向によってよく見えたり逆に目隠しになるなどの特徴もあいまって、内装・外装の建材にも多く使用されています。
ただ、エキスパンドメタルを内装や外装に使用する場合は、以下のような点が課題となる場合があります。

  • 網目部分が鋭利なため人の手に触れる場所での利用は、追加加工等が必要な場合がある
  • 寸法公差が大きいため施工が難しい
  • 複数のエキスパンドメタルを網目を繋げた形で設置したい
  • 基本的な製造方法ではフチがないため、取付時に別途取り付けの必要がある場合がある
  • 人や物が乗るため、耐荷重を調べたい

上記のような課題が考えられる場合は一度ご相談ください。
実現可能な製品仕様や追加加工のご提案や試作品の製作などで、お客さまの課題を解決いたします。

エキスパンドメタルのオーダー製作について

エキスパンドメタルはあらゆる分野・用途での利用が増えている金属製品となっております。
「こういった場所に使いたい。」
「こういった用途で使用したい。」など、
難しい場所や用途での使用で規格品では難しい場合は、オーダー製作で対応いたします。
曲げ加工や溶接、表面処理や塗装、レーザー加工まで、お客さまのご希望のエキスパンドメタルをご用意するために対応をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

エキスパンドメタルの基礎知識

エキスパンドメタル各部の名称

SW : メッシュ短目方向の中心間距離
LW : メッシュ長目方向の中心間距離
T : 板厚
W : 刻み幅

エキスパンドメタルの目方向

エキスパンドメタルの目方向

S : SW方向製品長さ(長さ)
L : LW方向製品長さ(幅)

エキスパンドメタルのJIS規格(JIS G3351)について

土木、建築及びその他一般の鉱工業などに使用される鋼製(鉄)エキスパンドメタルについてJIS規格(JIS G3351)に規定されています。

エキスパンドメタルのJIS規格についての詳しい資料は以下のサイトよりご確認いただけます。
日本産業標準調査会ウェブサイト(※ウィンドウにG3351を入力して検索)

XSスタンダード型

エキスパンドメタル(JIS規格)XSスタンダード型

ボンド部分が短く菱形の網目です。

網目が整然として目伸びせず、衝撃耐力が強く、幅広い用途で使用されます。
また、外観が美しいので、ファサードや内外装などの装飾にもよく使われております。

XGグレーチング型

エキスパンドメタル(JIS規格)XGグレーチング型

ボンド部分が長く亀甲形の網目です。

人が乗ることを前提とした規格のため、XSスタンダード型と比較して、より堅牢であることが特徴です。
滑り止めの効果も高く、歩廊や建材などによく使われます。

エキスパンドメタルについての課題やご要望がございましたら、
まずはお気軽にご相談ください。