機能でかんがえる

意匠(デザイン)

照明器具

照明部分をカバーする素材にパンチングメタルを使用することで、豊富なデザイン性を持たせることが可能です。また、照明のカバー部分のみならず、点灯すると光と影が織り成す新たな模様により意外感のある空間を演出する効果も期待できます。

カバー部の素材としては、アルミニウムステンレスなどを使用します。鉄には塗装、アルミニウムには塗装やアルマイト処理により着色ができ、また、ステンレスには鏡面仕上げを可能とする電解研磨を含めてさまざまな表面状態で仕上げをしたものがあります。

また、パンチングメタルの仕様にもいろいろな孔径や孔ピッチがあり前述の素材や素材への後処理と組み合わせることで多くのバリエーションのデザインが可能です。

右上の写真は、パンチングメタルの精悍なテイスト(外側)と和紙の持つやさしさ(内側:孔や上下部を通して見えます)を調和させたランプシェードの試作品です。

ペン立て

ペン立てにパンチングメタルを使用することで幅広いデザインを提案することができます。

アルミニウムステンレスの素材をさまざまな形状でパンチングしたものは、インテリアのひとつとしてデスク上を装飾することが可能です。

デザイン目的での側面部外観のパンチング加工だけでなく、孔を各面に開けることでさらなる機能性の付与も期待されます。

ゴミ箱(公園やレジャー施設など)

公園や屋外アミューズメント施設に置かれているゴミ箱は、家庭やオフィスで使用するものとは違いサイズも大きなものが一般的です。また、生ものや液体が捨てられることも多くあります。そのため、ゴミ箱内に臭いがこもらないよう表面材にパンチング加工したものや金網が利用されています。パンチング加工を施して孔を形成したものは相対的に軽量化されています。

素材としては金属が多く使われています。屋外で使われることや捨てられるゴミが生ものや液体も含まれることから、錆による腐食から素材を守るために鉄製には塗装、アルミ製にはアルマイトなどの表面処理が施されることが多くなります。防錆処理した有孔のゴミ箱は、雨水もたまらず水洗いができるので衛生的です。

材料の素材や色の選択やパンチングの仕様によりさまざまなデザイン性を持たせることができます。